ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

懐かしのドイツ文化とドイツ

聖ローレンツ教会 ニュルンベルク3.jpg
ニュルンベルク聖ローレンツ教会

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語に慣れるためには最初はとても苦労しました。今では従来の10倍速でドイツ語を速習できるというプログラムがあります。

おすすめの教材、革新的ドイツ語学習法は中学校の英語の知識を即座にドイツ語に変換させてしまう驚きの教材です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。