ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

ドイツとドイツ語・青春の旅路

ローテングルクの町並み11.jpg
ローテングルクの街並

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。

ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。

初心者ほどより効率的に早くドイツ語を習得できるドイツ語学習教材として評価の高いのが革新的ドイツ語学習法という画期的な10倍速ドイツ語脳育成プログラムによるドイツ語速習教材です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。