ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

ドイツ語・遥かなる思い出 II

教会のシルエット2.jpg
教会のシルエット

ドイツの想い出と言えば、様々な光景が甦ってきて何をから話せばよいのか迷ってしまうほどです。ドイツを好きに旅行できるとしたら、行きたいところが多すぎて迷います。ベルリンはやはり世界的にも特別な都市として、東西ドイツの統合の象徴として、歴史の重みと新たな未来が融合する激動の20世紀ヨーロッパの息吹を残している場所でもあります。

ドイツでもわりと思い出深い都市としてはベルリンが筆頭に来るでしょう。ベルリンのフィルハーモニーホールは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってポツダム地区はベルリンの中心地へと発展しています。ベルリンのメインストリート、クーダムは全長3.5kmにもおよび通りの両側には老舗デパート、高級ブティック、専門店、レストランなどが並んでいて高級感が漂い日本の銀座のような雰囲気が漂っています。かつて東西分裂時代、ベルリンの中央駅は旧東ドイツの鉄道と旧西ドイツの連邦鉄道が混在していました。ユーレイルパスを有効化するのに、間違って東の窓口の大行列に並んだところ、やっと回ってきた順番で女性駅員に「なにこれ?ここじゃないでしょ」と言われ突っ返されたことがありました。場所を聞いたところヒステリックに「知らないわよ」と言われ、やっとのことで見つけた西の窓口は全く雰囲気が違い、混んでもいなくとても丁寧な対応を受けたことがありました。社会主義と民主主義のサービスの違いをわずかの時間で体現できた貴重な体験だったかもしれません。

ドイツでの印象的な光景にはハンブルクで目にして体験した出来事があります。8月に鉄道の乗り換えで、滞在時間は短かったのですが、霧が立つような夕立にあい、真夏なのにものすごく寒い思いをしたことがあります。現地の人は皆レインコート姿なのにも驚きました。

ドイツはクラシック音楽の世界では多くの作曲家が歴史的に活躍しています。なかでもベートーヴェンの貢献はとても大きなものがあります。それまでの古典派の音楽を形式美から激しい感情の起伏を加え新たな表現芸術へと進化させました。ベートーベンは九曲の交響曲で様々なリズムを多用た感情表現で、古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学には激動の時代を反映した作品が数多くあります。ゲーテの肩書は詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家と多彩ですが、間違いなくドイツを代表する文豪です。教養小説の魁としても知られ、『ヴイルヘルム・マイスターの修業時代』(1796)、『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』(1821年)を残しています。『ファウスト』は音楽家たちにも影響を与えベルリオーズ、グノー、シューマン、リスト、マーラー、シューベルト等の大作曲家の作品の題材にもなっています。

ドイツはまたサッカーの強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表の堂安律が2020年PSVよりローン移籍している、ノルトライン=ヴェストファーレン州・ビーレフェルトに本拠地を置くアルミニア・ビーレフェルトなどのチームがあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。


ドイツ文化・享楽の次元

窓のある壁.jpg
窓のある壁

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと一纏めに言っても、北部と南部、旧東ドイツなど特色は様々です。ベルリンはやはり現代ドイツの中心都市として、新しい統一後のドイツの首都として、過去と未来が複雑に交差する激動の20世紀ヨーロッパの息吹を残している場所でもあります。

ドイツの都市で感慨深い場所としてはベルリンが筆頭に来るでしょう。ベルリンには意外と緑が多く、ベルリン・フィルが毎年初夏に行う「ピクニック・コンサート」の会場となる、山の中にある歴史ある円形屋外ステージWaldbühneがあります。ベルリンにはシュプレー川の中州を利用した博物館島があり、旧博物館 (Altes Museum)、新博物館 (Neues Museum)、旧国立美術館 (旧ナショナルギャラリー、Alte National Gallerie)、ボーデ博物館 (Bode Museum)、ペルガモン博物館 (Pergamon Museum)の5つの美術館および博物館が集まっていて、ユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されています。 音楽家など仕事でのつながりも深く、日本人も留学生や現地駐在員、ガイドなど多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を走る代表格ー的な存在としても刺激的な場所となっています。

ドイツの旅で貴重な体験をしたと思える場所には、バルト海に面する北ドイツの代表都市リューベックがあります。ドイツの都市では珍しく潮風の感じられる土地で、旧市街は幾重にも川や運河に取り囲まれていた美しい街並みが思い出されます。リューベックはドイツの文豪でノーベル賞作家トーマス・マンの出身地でもあります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーは歌劇「魔弾の射手」で、最もロマン派的なドイツ・オペラの様式を完成させています。モーツァルトの妻コンスタンツェは旧姓はウェーバーで、この大作曲家の23歳年上の従姉になります(父方の伯父の子)。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはサッカーの強豪国でワールドカップでも過去に4回優勝しています。ドイツのブンデスリーガ(連邦リーグ)には、南ドイツの旧バイエルン王国、現在のバイエルン州の強豪、バイエルン・ミュンヘンなどの伝統的チームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。


ドイツとドイツ語・希望への道筋

クリスマス時期の建物.jpg
クリスマスの時期の建物

ドイツの想い出と言えば、それなりに語り尽くせないものがあります。ドイツというイメージを強く思わせる都市があるとしたらどこでしょうか。デュッセルドルフは日本とは特に関係がある都市です。200社を超える日系企業があるイマーマン通りは「日本人通り」とも呼ばれています。メディエン港に聳えるデュッセルドルフ・ラインタワーは1982年に竣工されて以来この都市のランドマークになっています。デュッセルドルフにはかつてドイツ三越がありましたが、EUの誕生以降は経営が悪化し撤退を余儀なくされています。

ドイツで最も印象深い都市としてはケルンが心に残っています。オゥ・デ・コロン(eau de Cologne)のコロンはケルンを表すフランス語で、この地で誕生しています。オーボエの宮本文昭が在籍していたケルン放送交響楽団の名前もこの地への思いを駆り立ててくれます。ゴシック様式では世界最大規模の建造物、ケルン大聖堂もそうした思いを増殖させてくれます。

ドイツの旅で忘れられないのが、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツはクラシック音楽の大国です。なかでもベートーヴェンは大きな役割を果たしています。「音楽家=芸術家」であると公言した自身の理念のもと「詩と音楽の融合」を交響曲の分野において成し遂げ、それを証明しています。ベートーベンは九曲の交響曲で様々なリズムを多用た感情表現で、古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツの文学には独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義を追究した作家もいます。フリードリッヒ・フォン・シラーはゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者です。シラーの歴史劇『ヴィルヘルム・テル』はロッシーニによってオペラ化(『ウィリアム・テル』)されています。シューベルトの歌曲はゲーテに次いで、シラーの詩を多く取り上げています。

ドイツはサッカーW杯複数回優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、リーグ優勝はないものの過去に5回ドイツ杯で優勝し長谷部誠や鎌田大地が所属するヘッセン州・フランクフルトに本拠地を置くアイントラハト・フランクフルトなどがあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。


ドイツ語とドイツ文化・郷愁と回想 II

ドイツの街並み.jpg
ドイツの街並

ドイツとの関係はもうかなり長く、数々の思い出もあります。ドイツと一纏めに言っても、北部と南部、旧東ドイツなど特色は様々です。デュッセルドルフは日本企業の多くがヨーロッパの拠点として駐在する都市です。デュセルドルフの人口は減少傾向にあるものの約62万人でドイツでは7番目の都市になります。ブンデスリーガのサッカーチーム、フォルトゥナ・デュッセルドルフは1933年にドイツ選手権優勝、ドイツ杯でも1979年、1980年と優勝2回の伝統ある強豪クラブです。かつてこのチームには沖縄出身の金城ジャスティン俊樹が2016-2018の2シーズン在籍していました。デュッセルドルフには看板や張り紙などが日本語で書かれたスーパマーケット「松竹スーパー」があります。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像にあるものとしてはベルリンが筆頭に来るでしょう。ベルリンには世界屈指のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、旧東西放送交響楽団が合併して誕生したベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ベルリンのメインストリート、クーダムは全長3.5kmにもおよび通りの両側には老舗デパート、高級ブティック、専門店、レストランなどが並んでいて高級感が漂い日本の銀座のような雰囲気が漂っています。かつて東西分裂時代、ベルリンの中央駅は旧東ドイツの鉄道と旧西ドイツの連邦鉄道が混在していました。ユーレイルパスを有効化するのに、間違って東の窓口の大行列に並んだところ、やっと回ってきた順番で女性駅員に「なにこれ?ここじゃないでしょ」と言われ突っ返されたことがありました。場所を聞いたところヒステリックに「知らないわよ」と言われ、やっとのことで見つけた西の窓口は全く雰囲気が違い、混んでもいなくとても丁寧な対応を受けたことがありました。社会主義と民主主義のサービスの違いをわずかの時間で体現できた貴重な体験だったかもしれません。

ドイツの旅で思いがけず目にしたが強く印象に残っている場所には、バルト海に面する北ドイツの代表都市リューベックがあります。リューベック中央駅から向かうと旧市街の入り口に建つホルステン門は15世紀に建てられたものとは思えないほどの大きさで、門と言うよりは城か要塞のような建造物でした。リューベックはドイツの文豪でノーベル賞作家トーマス・マンの出身地でもあります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはサッカーの強豪国でワールドカップでも過去に4回優勝、ドイツの国内リーグ、ブンデスリーガ(連邦リーグ)には、1967-68シーズンにリーグ制覇、DFBポカール(ドイツカップ)で4回優勝し、清武弘嗣(2012-14)、 金崎夢生(2013)、長谷部誠(2013-2014)、久保裕也(2018-2019)が在籍していた1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)などがあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。


ドイツ文化とドイツ・遥かなる思い出 II

トラフィックサイン1.jpg
トラフィックサイン

ドイツという国にはわりと親近感を覚えることも多いように思います。ドイツにはサッカーファンにお馴染の地名がとても多いように思います。ベルリンはやはりドイツにとっても特別な都市として、新しい統一後のドイツの首都として、歴史の重みと未来への期待が均衡を保つ激動の歴史を色濃く残している場所です。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所としてはハンブルクが心に残っています。エルベ川の支流、アルスター川の河口にある港湾都市で、国際海洋法裁判所があります。ビートルズがアマチュア時代を過ごした場所でもあり、レイパーバーンの西の端の方にBeatles Platz(ビートルズ広場)があります

ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られています。なかでもシューベルトの功績は大きいです。シューベルトは初期ロマン派の作曲家という見方をされますが、創作時期にはベートーヴェンの晩年とほぼ重なっていて、様式的にも厳格な古典派の作品が多くなっています。歌曲集もヴィルへルム・ミュラーという市井の詩人の作品を自ら編纂した、『美しき水車小屋の娘』(Die Schöne Müllerin/1823)と『冬の旅』(Winterreise/1827)の2作品があり、今日の歌曲の歌い手にとっても重要なレパートリーとなっています。ドイツ文学には独特な世界観で自由を追究した作家たちもいます。フリードリッヒ・フォン・シラーはゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者です。シラーの戯曲『『オルレアンの少女』はチャイコフスキーによって後にオペラ作品となっています。シラーのの求めた「自由」はドイツ国民の精神生活に大きな影響を与えています。

ドイツはサッカーの強豪国でワールドカップでも過去に4回優勝しています。ドイツのブンデスリーガ(連邦リーグ)には、日本人プレーヤー金崎夢生が2013年から1年半契約を結んでいた1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)などがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。


ドイツ・遙かなる隣国

売店のお菓子.jpg
売店のお菓子

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思いつく都市は人それぞれだと思います。ミュンヘンはドイツを代表する世界都市の1つです。人口140万人でドイツでは3番目の大都市です。日本との関係では札幌市と姉妹都市になっています。ホーフブロイハウスもドイツを代表するビアホールとして有名です。

ドイツで最も好きな都市として候補を選ぶとしたらなんといってもベルリンですね。ベルリンには世界最大級の動物園があります。ここのパンダも有名で、2019年8月31日には双子のパンダ夢想(Meng Xiang)と夢円(Meng Yuan)が生まれています。ベルリンにはシュプレー川の中州を利用した博物館島があり、旧博物館 (Altes Museum)、新博物館 (Neues Museum)、旧国立美術館 (旧ナショナルギャラリー、Alte National Gallerie)、ボーデ博物館 (Bode Museum)、ペルガモン博物館 (Pergamon Museum)の5つの美術館および博物館が集まっていて、ユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されています。 かつて東欧から航路でベルリン入りした時は、旧東ドイツのシェーネフェルト空港への到着でした。夕暮れ時に到着した時、西ベルリンに向かうのにバスやタクシーが全くない閑散とした空港に唖然とした覚えがあります。

ドイツの旅の想い出としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツはクラシックの大作曲家を多く輩出しています。なかでもベートーヴェンは大きな役割を果たしています。「音楽家=芸術家」であると公言した自身の理念のもと「詩と音楽の融合」を交響曲の分野において成し遂げ、それを証明しています。ピアノをそれまでのサロン的な音楽の楽器から劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家で、今日のピアノ音楽に大きな影響を与えています。ドイツ文学には激動の時代を反映した作品が数多くあります。フリードリッヒ・フォン・シラーはゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者です。ヴェルディの『ドン・カルロス』はシラーの戯曲をオペラ化したものです。横浜みなとみらい駅の地上に上がる長いエスカレーターから見える黒い壁にシラーの詩が刻まれています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、「大迫ハンパない」で知られる大迫勇也が所属していた、かつて奥寺康彦が日本人初のプロ選手として活躍した1FCケルン(2019-20現在シーズン1部14位)などの伝統的チームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。


ドイツ語・旅の思い出

ドイツの街並み.jpg
ドイツの街並

ドイツに憧れ大学ではドイツ語を学ぼうと思っていたのですが、待ちきれず受験中にドイツ語を始めてしまいました。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。デュッセルドルフは日本人が多いところとして知られています。デュセルドルフの人口は減少傾向にあるものの約62万人でドイツでは7番目の都市になります。ブンデスリーガの地元サッカーチームには1933年にドイツ選手権制覇もしている、フォルトゥナ・デュッセルドルフがあり、日本出身のアペルカンプ真大(あぺるかんぷ・しんた)が2019年にプロ契約を結び在籍しています。デュッセルドルフは住みやすい街として、2011年の調査では、ヨーロッパで5番目、ドイツ国内では2番目に選ばれています。

ドイツで最も好きな都市を挙げるとすればハンブルクが心に残っています。自由ハンザ都市ハンブルク(Freie und Hansestadt Hamburg)という独特の空気を持つ存在であり、港にかかる長いつり橋ケールブラント橋の景観も有名です。かつて酒井高徳も2015-2019シーズンに在籍していたフォルクスパルクシュタディオンを本拠地とするサッカークラブ、ハンブルガーSVも有名です。

ドイツで貴重な体験をしたと感じるのはハンブルクでのことです。8月の夕刻、インターシティ(特急列車)でハンブルクに到着したのですが、突然の夕立に会い、ものすごく冷え込んだことが思い出されます。現地の人は皆レインコート姿なのにも驚きました。

ドイツの作曲家は多くいますが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語によるレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ文学には人間の内面を覗き込んだような作品が多いように思います。ドイツの文豪といえば当時の新しい文学運動「疾風怒涛(シュトルム・ウント・ドランク)」を展開したゲーテです。晩年の大作には『ファウスト 悲劇第二部』(1831年)があります(第一部は1806年に執筆)。『ファウスト』は手塚治虫の漫画作品にも影響を与え、漫画版『ファウスト』や『百物語』『ネオ・ファウスト』などの作品が生み出されています。

ドイツはFIFAワールドカップで過去に4回優勝するなどサッカー強豪国としても知られ、世界最強とも謳われるブンデスリーガには、2019-20シーズン終了時点で8連覇中のバイエルン・ミュンヘンなどの日本でも有名で人気のあるクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。


ドイツ文化・わが青春 II

窓のある壁.jpg
窓のある壁

ドイツについて語るなら、それなりに尽きないものが多くあると思います。ドイツといえば一番強く思い出される都市はどこでしょうか。デュッセルドルフは日本と関係が深い都市として知られています。デュセルドルフの人口は減少傾向にあるものの約62万人でドイツでは7番目の都市になります。ブンデスリーガの地元サッカーチームには1933年にドイツ選手権制覇もしている、フォルトゥナ・デュッセルドルフがあり、 日本代表の宇佐美貴史が2017-2019シーズンに在籍し1部リーグ昇格に貢献しています。デュッセルドルフは住みやすい街として、2011年の調査では、ヨーロッパで5番目、ドイツ国内では2番目に選ばれています。

ドイツの都市で感慨深い場所としてはハンブルクがあげられます。ドイツ第2の都市でもあり、大作曲家ヨハネス・ブラームスやフェリックス・メンデルスゾーンの生誕の地としても知られています。ナイトクラブが並ぶ歓楽街レーパーバーンもある意味で有名です。

ドイツの旅で思いがけず目にしたが強く印象に残っている場所には、北ドイツのハンザ都市のひとつであるリューベックがあります。リューベックへ向かうためにハンブルクからコペンハーデン行きの特急に乗り換えたのですが、列車内で聞こえたデンマーク語の独特の響きに旅情を掻き立てられたのを思い出します。リューベックはかつて「ハンザの女王」とも呼ばれていた海運・商業・工業の要衝都市でもあります。

ドイツはクラシックの大作曲家を多く輩出しています。その代表的存在にベートーヴェンがいます。それまでの古典派の音楽を形式美から激しい感情の起伏を加え新たな表現芸術へと進化させました。協奏曲の分野でもピアノ協奏曲5曲、バイオリン協奏曲1曲、バイオリン、チェロ、ピアノのための三重協奏曲があります。特にそれぞれの第三楽章においての舞曲的なリズムはバラエティに富んでいて、その多彩さには只々感服するばかりです。ドイツ文学には人間の内面を覗き込んだような作品が多いように思います。ドイツ文学における古典主義時代を築いたのは文豪ゲーテです。教養小説の魁としても知られ、『ヴイルヘルム・マイスターの修業時代』(1796)、『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』(1821年)を残しています。ゲーテは後世のドイツ文学にも大きな影響を与えています。トーマス・マンは晩年に彼に傾倒した『ヴァイマールのロッテ』『ファウストゥス博士』などの長編小説を執筆しています。

ドイツはサッカーW杯複数回優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、リーグ優勝3回、ドイツ・カップ3回優勝で日本代表の遠藤航が2018年より所属するバーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルトに本拠地を置くVfBシュトゥットガルトなどの伝統的チームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。


ドイツとドイツ語・郷愁の日々

ドイツのレストラン.jpg
ドイツのレストラン

ドイツというと小さいころからの印象は、西ドイツと東ドイツという2つに分割された国ということが特に強かったです。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。ベルリンはやはり現代ドイツの中心都市として、新しい統一後のドイツの首都として、歴史の重みと未来への期待が均衡を保つ激動の20世紀ヨーロッパの遺産を残している場所です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所としてはやはりベルリンですね。ベルリンには意外と緑が多く、ベルリン・フィルが毎年初夏に行う「ピクニック・コンサート」の会場となる、山の中にある歴史ある円形屋外ステージWaldbühneがあります。反ナチ運動の告白教会の中心的存在であったイエス=キリスト=教会 (ダーレム)があり、クラシック音楽のレコーディングも多く行われていて、カラヤンの往年の名盤となる録音も行われています。音楽家など仕事でのつながりも深く、日本人も留学生や現地駐在員、ガイドなど多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を走る代表格ー的な存在としても刺激的な場所となっています。

ドイツで貴重な体験をしたと感じるのはハンブルクでのことです。8月の夕刻、インターシティ(特急列車)でハンブルクに到着したのですが、夕立に会い、ものすごく寒かったことが思い出されます。街は一気にレインコート姿の人々に溢れ、あたりの急激な様変わりに呆気にとられました。

ドイツはクラシック音楽の大国です。なかでもベートーヴェンの貢献はとても大きなものがあります。宮廷や貴族の機会音楽を拒否し、芸術作品として意味を持つ創作を生涯続けたことは、音楽の歴史的な分岐点を導いた革命家と言い換えることもできます。協奏曲の分野でもピアノ協奏曲5曲、バイオリン協奏曲1曲、バイオリン、チェロ、ピアノのための三重協奏曲があります。特にそれぞれの第三楽章においての舞曲的なリズムはバラエティに富んでいて、その多彩さには只々感服するばかりです。ドイツ文学の世界は地味だが奥深い作品に溢れています。ゲーテの肩書は詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家と多彩ですが、間違いなくドイツを代表する文豪です。初期のゲーテはシュトゥルム・ウント・ドランクの代表的詩人で、25歳のときに『若きウェルテルの悩み』で小説家として文名を轟かせています。『ファウスト』は手塚治虫の漫画作品にも影響を与え、漫画版『ファウスト』や『百物語』『ネオ・ファウスト』などの作品が生み出されています。

ドイツはまたサッカーの伝統的強豪国としても知られ、世界最強リーグと称される「ブンデスリーガ」には、リーグ優勝3回、ドイツ・カップ3回優勝で日本代表の遠藤航が2018年より所属するバーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルトに本拠地を置くVfBシュトゥットガルトなどの伝統的チームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。


ドイツ語とドイツ文化・魅惑の世界

リカーボトル.jpg
リカーボトル

ドイツとの関係はもうかなり長く、数々の思い出もあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市は人それぞれだと思います。ミュンヘンは世界的にも有名な都市です。人口140万人でドイツでは3番目の大都市です。ドイツには4つある日本総領事館のひとつがここにあります。ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンも2021年FIFAクラブチームW杯で優勝するなど世界的に知られている強豪クラブです。

ドイツの都市で感慨深い場所としてはハンブルクがあります。かつてのハンザ同盟の中心都市であり、ハンブルク中央駅は ドイツ最大の乗降客数を誇るターミナル駅 です。宝塚でもお馴染みの『霧深きエルベのほとり』の舞台にもなった場所です。

ドイツの風景といえばベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。東西ドイツ分断時代には、東西を隔てるベルリンの壁の線上に位置していました。1989年に訪れた時は、東西ドイツ統一はあっても、相当長い先のことだろうと思っていましたが、翌年訪れたときには開放されたその姿を見ることになりました。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学にも世界的な文豪と呼べる作家が揃っています。トーマス・マンは『ブッデンブローク家の人々』『魔の山』などの代表作で知られるノーベル文学賞作家です。兄のハインリッヒと弟のクラウスも著名な作家でした。

ドイツはワールドカップで優勝を4回するなどのサッカー強豪国としても知られ、日本でも人気のあるブンデスリーガには、元日本代表清武弘嗣が2012年から2年間在籍していた1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)などがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。