大学入試センター試験・ドイツ語の問題を解いてみた - ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

大学入試センター試験・ドイツ語の問題を解いてみた

大学入試センター試験・ドイツ語の試験問題を解いてみました。
平成25年度分で今年の1月に行われたものです。

中1から学校でフランス語が必修科目の高1の息子のために大学入試センターのフランス語の問題を探していたのですが、ついでにドイツ語の問題もダウンロードしてみました。あまり解いてみる意図はなかったのですが、何気なく見はじめたら、できそうだっので全問解いてしまったというわけです。

結果は200点満点でした、所要時間は正確に計っていなかったのですが、約30〜40分くらい(本試験時間80分)だったと思います。
けっこう頭を使う問題もありましたが、そういう問題は知能テストのようなものなので、よく考えれば解ける性質のものだったように思います。ドイツ語は以前の仕事で使っていたこともあったのですが、試験問題を解くのは十数年ぶりだったので、だいぶドイツ語に対する瞬発力がなくなっているなと感じてしまいました。それでも満点という結果に、すっかり気を良くしてしまい、今年の秋の独検を受けようかなと思い始めています。

今年の試験、データとしては受験者が125名、英語での受験者が52万人ほどなので、全体の約0.2%程と圧倒的に少ないですね。他に選択できる外国語としては、フランス語、中国語、韓国語とありますが、受験者数はそれぞれ100名から200名程度でドイツ語と似たような傾向でした。平均点は144点とのこと。英語の平均点が124点なので、ドイツ語受験者が有利だったということなのでしょうか?

英語の問題を解いていないので、単純に比較できませんが、ドイツ語の方がかなり点を取りやすいのではないかと思いました(引っ掛け問題がないですよね)。自分の英語の実力は、英検準1級、TOEICスコア810点なのですが(十数年前の受験結果ですが)、それでも今、センター試験の外国語を受けるのならドイツ語を選択すると思います。

問題をダウンロードしたのは⇒大学入試センターWebサイト・本試験の問題(平成25年度)
解答はここからダウンロード⇒大学入試センターWEBサイト・本試験の正解(平成25年度)

解説は見当たらなかったので自分で作成しました。
⇒大学入試センター試験・ドイツ語試験問題・平成25年度分の解説UP中!
 

ローテンブルクの街並7-618letter.jpg
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック