ドイツ文化・苦難と復興 II - ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

ドイツ文化・苦難と復興 II

ローテンブルクの街並8.jpg
ローテンブルクの街並

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。

ドイツの旅の想い出としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

初心者がもっとも早くドイツ語を習得できる学習教材として評判の高いのが
革新的ドイツ語学習法という教材です。
ローテンブルクの街並7-618letter.jpg