ドイツ語とドイツ文化・情熱の旅路 II - ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

ドイツ語とドイツ文化・情熱の旅路 II

ジャムの売店 ドイツ.jpg
ドイツの売店 ジャム

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。

初心者が素早くドイツ語に溶け込める学習教材として評判の高いのが
10倍速ドイツ語脳育成プログラム 革新的ドイツ語学習法という教材です。
ローテンブルクの街並7-618letter.jpg