知らないはずのドイツ語の単語がわかる - ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

知らないはずのドイツ語の単語がわかる

ミュンヘンの夕暮れ.jpg
ミュンヘンの夕暮れ

ドイツ語を最速最短で攻略マスターする!

10倍速ドイツ語脳育成プログラム【革新的ドイツ語攻略法】

実は日本人は怖ろしくドイツ語を話せます。ドイツ語を覚えるのではなく脳にインプットする、そんな方法が実際にあります。そのドイツ語脳育成プログラムとは?

中卒の学歴しかない50代の運送業の男性が、「まさか自分が外国語を使えるようになるなんて」と人生観が変わったドイツ語攻略法があります。10年間に渡り“東京大学”で1500人以上のバイリンガルを生み出すことになった、あの伝説のドイツ語授業が遂に公開!

初心者が挫折しないで難しいドイツ語の活用を簡単に習得できる学習教材として
評判の高いのが松平勝男 革新的ドイツ語学習法という教材です。





ドイツ語選択のポイント ド
ドイツ語選択のポイント ドイツ語は大学で第二外国語の必修で、はじめてドイツ語を始める起点になった人も多いと思います。大学に入ってからの第二外国語で履修するキーポイントは、発音が容易だからという理屈の人もいるようですね。いかにも大正解です。

ドイツ語と英語の相関 ドイツ語は英語に比べると、日本人にとっては馴染みやすい局面があります。ドイツ語は英語に似ているところも多数ありますが、実は日本語に似ていると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語の仕組みに通ずるものがあり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語と英語は兄弟関係にある言語ですが、英語ではドイツ語には少ない、元来フランス語である言葉の借用も極端に多くなっています。

ドイツ語と日本語の否定  ドイツ語では動詞を否定する場合、否定形の決め手は文末に置かれることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。




【革新的ドイツ語攻略法】10倍速ドイツ語脳育成プログラム
KDルフトハンザ.JPG






ローテンブルクの街並7-618letter.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。