ドイツ語のやさしいニュース - ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

ドイツ語のやさしいニュース

ひととおり入門書の勉強が終わった後で
なにか簡単な読み物がないか探すなら、白水社の赤表紙シリーズ(推理小説)も良いですが、
ニュースなどいかがでしょう?

その昔、NHKのラジオ講座応用編で早稲田大学の上田浩二先生が担当していた、ドイツ語の新聞記事を取り上げた講座は時事問題というだけあり、トピックがとびきり新鮮で生きたドイツ語を学ぶことができました。
ドイツ語の新聞購読講座は語学学院などで開講していることもあります。でも授業料は高いです。
ドイツ語の新聞が読みたければ、赤坂(青山一丁目が最寄り、乃木坂、赤坂、信濃町から歩けないこともない)の東京ドイツ文化センター(ゲーテ・インステュート併設)で閲覧できます。昔、ここでよくドイツ人と待ち合わせをして打ち合わせをしました。Kreisel(独楽)という名前のカフェがありましたが、しばらくいってないなぁ...

WEBで簡単にドイツ語のニュースを読みたいなら、nachrichtenleicht
というサイトがおすすめですね。
ニュースを簡単なドイツ語に書き換えて配信しています。最近気が付いたのですが、このニュースはストリーミング音声もついるという大変にありがたいもので、もちろん日本語は全くありませんが、辞書なしでも簡単に読める内容ですので、基礎固めには最適ではないでしょうか。WEBはいつ閉鎖するかわからないので今のうちに活用しておきましょう。



ローテンブルクの街並7-618letter.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。