ドイツ文化とドイツ・青春の旅路 II - ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

ドイツ文化とドイツ・青春の旅路 II

クリスマス時期の建物.jpg
クリスマスの時期の建物

ドイツはやはり自分にとっては思い入れが深い特別な国です。ドイツを好きに旅行できるとしたら、行きたいところが多すぎて迷います。ベルリンはやはり現代ドイツの中心都市として、新しい統一後のドイツの首都として、過去と未来が複雑に交差する激動の20世紀ヨーロッパの息吹を残している場所でもあります。

ドイツで最も好きな都市として候補を選ぶとしたらベルリンが最先鋒でしょう。ベルリンのフィルハーモニーホールは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってポツダム地区はベルリンの中心地へと発展しています。ベルリンのランドマークにもなっているベルリン・タワーはテレビ放送塔ですが、現地では単にFunkturm(放送塔)と呼ばれています。旧東ドイツがその経済力を誇示するために建て、365mの高さは当時の西ドイツ、シュトゥットガルトにあった放送塔を凌ぐものでした。しかしそのデザインはどこか無機的なものが感じられ、あまり好きではありません。かつて東西分裂時代、ベルリンの中央駅は旧東ドイツの鉄道と旧西ドイツの連邦鉄道が混在していました。ユーレイルパスを有効化するのに、間違って東の窓口の大行列に並んだところ、やっと回ってきた順番で女性駅員に「なにこれ?ここじゃないでしょ」と言われ突っ返されたことがありました。場所を聞いたところヒステリックに「知らないわよ」と言われ、やっとのことで見つけた西の窓口は全く雰囲気が違い、混んでもいなくとても丁寧な対応を受けたことがありました。社会主義と民主主義のサービスの違いをわずかの時間で体現できた貴重な体験だったかもしれません。

ドイツの旅の想い出としては、ハンブルクがあります。8月の午後に鉄道の旅で乗り換えのために途中下車したのですが、突然の夕立に会い、ものすごく冷え込んだことが思い出されます。夏の装いの街が、一気にレインコート姿の人々が行き交う風景に変化したのも驚きでした。

ドイツ、オーストリアはクラシック音楽の世界では多くの作曲家が活躍しています。なかでもシューベルトの功績は大きいです。世代的にはロマン派の作曲家の枠に入れられていますが、その音楽作品はウィーン古典派の色彩が強くなっています。交響曲の分野でも7曲を完成させ、6曲ほどが未完成ですが、そのうちのロ短調の2楽章までしかない作品は、その美しい旋律に「未完成交響曲」としてあまりにも有名です。ドイツ文学には激動の時代を反映した作品が数多くあります。新しい文学運動「疾風怒涛(シュトルム・ウント・ドランク)」をゲーテとともに展開した中心人物はシラーですです。シラーの歴史劇『ヴィルヘルム・テル』はロッシーニによってオペラ化(『ウィリアム・テル』)されています。詩人としてのシラーも大きな存在で、その作品は非常に精緻、優美であるといわれ「ドイツ詩の手本」として現在までドイツの教科書に掲載されています。

ドイツはサッカーの強豪国でワールドカップでも過去に4回優勝しています。ドイツのブンデスリーガ(連邦リーグ)には、アルビレックス新潟から移籍したドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍していたドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトなどがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。


ローテンブルクの街並7-618letter.jpg
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー