ドイツ語の表現 - ドイツ語・ドイツ語圏文化あれこれ

Wie geht es Ihnen? と Wie geht es bei Ihnen?

ドイツ語の基本的なあいさつ

Wie geht es Ihnen?
ごきげんいかが?

この表現はお馴染みですね、これは2人称(敬称)単複の形で
最も言いやすい(というか最も例文としての頻度が高い)。

これが2人称(親称・単数)となると
Wie geht es dir?
調子どう?
とまあいいんだが問題は2人称(親称・複数)だと

Wie geht es euch?きみたち調子どう?
となるとちょっとすぐには出てこない。

まだ
Wie geht es ihm? 彼の調子はどう?
の方がはるかに言いやすい。

大体2人称親称形はどれも言いにくい
敬称だと Sind Sie...? でよいのが Seid ihr...?
と、とっさには出てこない。

だからなかなかdutzen(親称duを使って話すこと)は
日本人には難しいのでは?と思ってしまう。

Wie geht's? という単複どちらでもOKな便利な略式表現があるから
うまく逃げられるが...

ところで
Wie geht es bei Ihnen?という言いかたをご存知でしょうか?

これはWie geht es bei Ihrer Familie?
とか Wie geht es bei Ihrem Büro?
という感じでお家の皆さんはお元気ですか? とか
オフィスの方々はいかがですか? といった風に使う。

Bei uns geht es auch gut.
私のところはみな元気です。 (返答例としてはこんな感じです。)

動詞gehen も前置詞bei もこの場合3格支配となるので
Ihnenは変わらないので言いやすい。

Wie geht es Ihnen, und bei Ihnen?なんて聞き方ももちろんします。

これも親称・複数形になると
Wie geht's bei euch?
とまたまた言いずらくなる。


















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。